100%失敗しないというワケではない

レーシックで視力を回復することが出来た人達は、手術前に自分自身でよく下調べをしているものです。
しかし感染症にかかってしまったりして失敗してしまった人達の多くは、自分自身での下調べをしてなかったことがよくあるのです。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません。
人の手で手術が行われている以上、ミスを起こしてしまうことが考えられるので万が一のことを考えてよく下調べしておきましょう。

 

まずは病院で起こった合併症や感染症の感染率を事前に必ず確認をしておきましょう。
もしその時に、レーシックを受ける候補に入れていた病院で発生率が高かった時には、別の病院を利用するようにしましょう。



100%失敗しないというワケではないブログ:2017年09月22日

ダイエットについていろいろと調べていると
「停滞期」という文字を目にすることがありますよね。

ダイエットの停滞期というのは、
頑張って体操したり食事制限したりと努力しているのに
体重が一時的に減らなくなってしまう時期のことです。

ダイエットの停滞期は、
人間の体質に本来備わっている、
生命維持機能であるホメオスタシスという、
危機管理システムによって起こるといわれています。

つまり、
体質を守るために食事量を減らしても、
体重を維持してしまうシステムなんです。

体質がエネルギー不足と判断し、
少ない食べ物でも効率的に利用できる体質にしてしまいます。

なので、
余り食べないのに、
体重が減らないといった状態になってしまうわけです。

このダイエットの停滞期は、
個人差はありますが約一ヶ月程度あると言われています。
ダイエットを成功させるためには、
この一ヶ月を上手に乗り切ることが大切なんです。

体重の5%以上体重が減ると
ダイエットの停滞期が訪れるといわれています。

停滞期が一ヶ月ほど続くと
体質の危機管理体制が解除されて停滞期が終わり、
また次の停滞期まで
体重を減らしていくことができるようになります。

停滞期だからといって
あせらず、あきらめず、根気よく
ダイエットを継続することが大切です。

停滞期にダイエットを中止すると
リバウンドを引き起こしてしまいます。

ダイエット開始前よりも
体重が増えてしまったり、
痩せにくい体質になってしまうので、
停滞期中でもダイエットを続けることが大事なんです!