日本で行われてきたレーシック実績

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

トランクルームはここ
http://www.day-soko.gr.jp/



日本で行われてきたレーシック実績ブログ:2017年05月25日

減量に成功している人の話を聞くと、ほぼ全員の人が
「自分で決めた方法を連日淡々とやった」
と言っています。

この「方法」の部分は、千差万別でバラバラです。
ひたすら肩凝り体操をやった人もいれば、
岩盤浴をやった人もいるし、
茶碗を小さくしてご飯の量を半分にした人もいれば、
食事前に必ずダイエットシェイク ココア味を飲んで痩せた人もいます。

人それぞれ、減量方法は異なるわけですね。
でも、共通しているのは
「選択した方法に疑いをもたず、連日淡々とやる」
ということです。

ただし、誤解してはいけないのは
「方法に固執はしない」「自分を責めない」
ということです。

1ヶ月・ふた月と続けてみて
体重が減らなかったり、
続けるのがストレスになってしまったり、
体質に合わないと思ったら、そこでやめて他の方法に切り替えます。

ただ、それは単に「自分に合わなかった」というだけですから
それで「自分は忍耐力が無い」とか自分を責めて、
減量そのものをやめる必要は無いのです。
別の方法を探せばいいだけです。

また、方法を一度決めると
「減量のことは忘れて他のことに気を向ける」
という人の方が、むしろ成功しているように見えます。

ずーっと減量の事ばかり考えていると、
どうしても短期的な成果を求めがち…

短期的には体重なんて増減を繰り返しますから、
それに一喜一憂していては気持ちが持ちません。

だから一度方法を決めたら、
しばらくの間はそれをひたすら淡々とやるだけで、
あとは減量のことなんて忘れてしまう位の人の方が
減量に成功しているようです。