日本で行われてきたレーシック実績

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

トランクルームはここ
http://www.day-soko.gr.jp/



日本で行われてきたレーシック実績ブログ:2017年06月20日

おいらたち人間の1日の消費エネルギーのうち、
約7割は基礎代謝によるものだそうです。

なので、シェイプアップでは、
基礎代謝量の多いからだに改善することが重要なんです!

ところで、
運動にシェイプアップ効果があるのは、
みなさんもご存知ですよね?

しかし、
運動によって消費されるエネルギーは、
普段の軽い運動程度では、それほど多くはないんですよね。

重要なことは、運動を持続的に行うことによって、
基礎代謝を増やす筋肉が鍛えられるということなのです。

シェイプアップに重要な基礎代謝は、
その人のもつ筋肉の量によって
大きく変化することになるからです。

「運動したから痩せたのだ!」と捉えている人が多いようですが、
運動は、筋肉を増やすためのものなのです。

筋肉が増えれば、基礎代謝が高まります。
基礎代謝が高まることによって、
運動をしていない時でも消費エネルギーの量が増えるからだへと、
変えることができるわけです。

つまり「太りにくいからだ」にしていくということになるのです。

こうして、考えてくると、
シェイプアップは、とても科学的な方向からアプローチできるようですね。

もちろん、シェイプアップは、
筋肉を付ける事のみに偏ってはいけません。

からだに必要な栄養を、バランス良く摂ることも大切です。
急にの食べる事量を減らしてしまうと、からだはエネルギーを蓄えるようになり、
基礎代謝も減少してしまいます。

バランスのとれたシェイプアップ方法のためには、
書籍や、インターネット上の情報をうまく利用すると良いでしょう。
リバウンドすることの無い
シェイプアップ成功へと繋げたいものですね。