レーシックのサポート体制が整っている病院

レーシックをする前にまずはサポート体制が整っている病院を探すということを頭に入れておきましょう。
定期健診や再手術を無料でしてくれる病院もあるので大変お得です。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
安全とされているレーシックなのですが、実際には僅かな確率ですが、感染症や合併症が引き起こされています。
また視力が思ったより回復してくれなかったり、視力が元に戻ってしまったりなども報告されています。

 

レーシックでは技術や経験も大切なことですが、しっかりとサポート体制が整っている病院を選ぶのもポイントに入れましょう。
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください。



レーシックのサポート体制が整っている病院ブログ:2017年05月25日

減量の基本は…
「栄養バランスのとれた食事」と「適度な運動」。

食事については何とかできても、
なかなか運動が…という人は、あたしを含めて結構多いようです。

特に日ごろ運動していない人にとっては
これがプレッシャーになることも…

確かに、いきなり肉体を動かせ!と言っても、
難しいですよね?

そこで、あたしがやっている、
誰にでもできる適度な運動を紹介します。

それはストレッチです。
筋肉の筋をのばすだけの運動ですが、
十分な減量効果を期待することができるんですよ。

なぜ運動が減量に必要かというと、
筋肉があたしたちの肉体の中でも
最もエネルギーを消費するからなんです。

痩せるということは、
食べ物などで肉体に入ってくるエネルギーよりも
消費するエネルギーの方が多くないといけません。

だから、運動によって筋肉を鍛えることで、
エネルギー消費のしやすい肉体を作ることが必要なんです。

すると、減量に成功した後でも
エネルギー消費しやすい状態は筋肉がある限り続いていきますから、
リバウンドの心配も無くなります。

あたしも経験がありますが、
パソコンなどに長時間向かっていると
肩や首の筋などがこってきたり、だるくなったりことがありますよね。

ちょっと作業がひと段落すると、
首を後ろに倒したり、背伸びをしたりします。
読者様もこのような経験はありませんか?

実は、これも筋肉をのばすという作業に含まれます。
ですから、立派なストレッチ運動になるんですよね。

減量には、激しい運動を月一回行うよりも、
ストレッチのような軽い運動を、
毎日続けた方が効果があるそうですよ!